「平成28年度弘前大学COI二次参画企業社会実装実証事業」の委託先公募(追加募集) [新産業創造課 10月31日]



 本事業は、上記趣旨に沿って、弘前大学COI拠点の研究成果の自社製品への組み込み、サービスの事業化、分析データの活用などによる、地域発の技術や製品、サービスについての開発及び実証を委託します。
 なお、事業終了後は、実証成果の紹介やPRなど、県が行う普及啓発活動に協力していただきます。(弘前大学COI拠点において取組みが行われている開発)
 1 予兆発見アルゴリズムの開発
 2 健診センター・医療機関連携システムの開発
 3 予兆発見のアプリケーションの開発
 4 予防法モデルの開発

弘前大学COI参画企業1社以上を含む企業、大学等の複数の事業主体による実施体制(以下、「地域ヘルスケアビジネス実証コンソーシアム」という。)を有し、その代表団体は以下の条件を満たしている必要があります。
(1)青森県に主たる活動を行う事業所を有している中小企業であること。
(2)本実証事業を遂行するために必要な経営基盤等を有し、かつ、資金・設備等について十分な管理能力を有していること。企業、大学等の複数の事業主体による実施体制を有していること。

・人件費(委託事業に直接従事する調査員・研究員等の労務費)
・事業費(旅費、会場費、謝金、借料、外注費(請負契約)、印刷製本費、消耗品費、賃金(アルバイト)、通信運搬費、情報収集費)
・一般管理費(人件費及び事業費の合計額の10%以内)



 応募にあたっては、公募要領に定める必要書類を10部準備し、下記応募先まで提出してください。
 また、応募者は別途開催する審査会で企画提案のプレゼンテーションを行っていただきます。
 なお、採択決定は11月下旬を予定しています。

(必要書類一覧)
 ・様式1「企画提案書」ワードファイル[16KB]
 ・様式2「実施計画書」ワードファイル[27KB]
 ・様式3「経費積算書」ワードファイル[16KB]
 ・提案全体のイメージ図(ポンチ絵)1枚(任意様式)
 ・事業の実施(連携)体制を示す資料(任意様式)
 ・代表法人の過去2期分の決算報告書又はそれに類するもの


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す