むつ保健所管内における感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)およびインフルエンザ発生状況 [下北地域県民局地域健康福祉部保健総室(むつ保健所) 3月16日]



インフルエンザの報告は、5週連続減少していましたが、警報は7週継続しています。
全年代に発生しており、高齢者では入院例も見られています。
ほとんどがA型の報告でした。
「手洗い」「マスク着用」「咳エチケット」を心がけ「かからない」「うつさない」対策をしましょう。
感染性胃腸炎は減少し、ロタウイルスの報告はありませんでした。

むつ保健所管内における発生状況の推移は次のとおりです。
※ 青森県全体の発生状況等は、「青森県感染症発生動向調査」(青森県環境保健センターのページ)をご覧ください。

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す