学校給食用食材の放射性物質検査結果 [スポーツ健康課 3月17日]



学校給食のより一層の安全・安心の確保のため、県内各地区に放射線検査機器を設置し、学校給食用食材の放射性物質の検査を実施しています。

(1)厚生労働省が定める「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に準じて、簡易検査を行います。
(2)市町村教育委員会及び県立学校等は、各自、検査する食材を検査機器設置場所へ持ち込み、放射性セシウム濃度(セシウム134、セシウム137)を測定します。

NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメータ(ATOMTEX社製 AT1320A)

(1)ホームページ上において、毎週金曜日に1週間分の検査結果を公表します。
 ただし、検出された放射性セシウム濃度が、厚生労働省の定める「一般食品」の基準値の1/2以上となる報告があった場合は、速やかに公表します。
(2)公表する項目は、「測定日」「市町村名(調理場名)等」「品目名」「生産地」「検査結果」です。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す