【湘南T-SITE】湘南料理道具市、1月20・21日に開催!



合羽橋の老舗料理道具店や、話題の最新調理家電が大集合。見て試して楽しもう!

[画像1: https://prtimes.jp/i/9848/51/resize/d9848-51-852834-0.jpg ]

http://real.tsite.jp/shonan/event/2017/12/post-1657.html

湘南T-SITE(神奈川県藤沢市)は、1月20日(土)・21日(日)に「湘南料理道具市」を開催します。合羽橋の老舗料理道具店や、話題の最新調理家電が湘南T-SITEに集まります。実際に見て使って試して、あなたのキッチンの新しい相棒を見つけてください。

スローフードをテーマとして掲げる湘南T-SITEでは、これまでもさまざまな形で”料理を楽しむこと”を提案してきました。おいしい料理を作るのに欠かせないものといえば、食材・レシピ・・・そして、あなどれないのが道具です。よい道具を選ぶことで、手際がぐんとよくなり、仕上がりが美しくなり、
また、美味しさにもつながるのです。

使いやすく、便利な料理道具を、昔ながらのよいものから最新のものまで一堂に集め、実際に食べて、使って体験していただく機会として、湘南 蔦屋書店の料理コンシェルジュが企画しました。「道具でこんなに違うのか!」という感動を、ぜひ多くの方に実感してもらえるようなコンテンツをご用意してお待ちしています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/9848/51/resize/d9848-51-864436-1.jpg ]

【出店者】
・土楽窯:江戸時代からの伊賀焼窯元。「ほぼ日」うちの土鍋、カレー皿でもおなじみ。
・はし藤 本店:合羽橋の箸専門店。塗り箸、木地箸、割り箸から楊枝、串まで。
・飯田屋:合羽橋の面白料理道具専門店。「マツコの知らない世界」にも登場。
・かまわぬ:てぬぐい専門店。季節感のある楽しい柄がそろっています。
・stock:海外や日本で見つけた、紙袋、布もの、日用品を扱う雑貨店。
・Flying Saucer:オリジナル調理道具を中心に、内外から、独自の視点でセレクト。
・hal:沼津の人気雑貨店。著書が人気の後藤由紀子さんのお店。
・まいにち北欧道具:北欧をはじめ世界の国々の食にまつわる楽しい道具を紹介。
・ののじ:人間工学に基づいて、使う人の立場に立った使いやすさを徹底的に科学したキッチン用品。
・アラジン:80年以上の歴史をもつ石油ストーブのお店が、販売するトースター・グリル。
・KONCENT:いま話題の、大人気バルミューダが試せるお店。
 ほか、多数。

[画像3: https://prtimes.jp/i/9848/51/resize/d9848-51-108871-2.jpg ]

【ワークショップ・デモンストレーション】
当日は、「はし藤」マイ箸作りや、「土楽窯」土鍋料理教室などのワークショップ、「釜浅商店」のせいろ蒸しを使ったデモンストレーションなどの試食イベントなどを館内随所で開催します。

また、1月15日~2月16日の期間中、湘南T-SITEは湘南料理道具市フェアとして、バーミキュラやバルミューダなど大人気でメーカー品薄の商品たちが店頭に並ぶほか、栗原はるみさん「ゆとりの空間」、栗原心平さん「simply」、『暮しの手帖』オリジナルグッズなどを、書籍とともに販売します。
[画像4: https://prtimes.jp/i/9848/51/resize/d9848-51-993046-3.jpg ]

【イベント概要】
■名称 湘南料理道具市
■会期 1月20日(土)、21日(日)
■時間 10:00~16:00
■場所 1号館2階 湘南ラウンジ、2号館1階 湘南 蔦屋書店 料理フロア ほか
■主催 湘南 T-SITE
■お問合せ先 湘南 T-SITE 0466-31-1515 (代表)
 ※電話受付時間 10:00~19:00
■URL http://real.tsite.jp/shonan/event/2017/12/post-1657.html

【店舗情報】
湘南 蔦屋書店
住所:神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1
電話番号:0466-31-1510
営業時間:1号館・2号館 8:00-22:00 3号館 9:00-21:00
ホームページ:http://real.tsite.jp/shonan/
Facebook:https://www.facebook.com/shonantsite
オンラインショップ:https://shopping.geocities.jp/shonan-tsutayabooks/index.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す